ホームページをリニューアルする前に

HPは自社で更新できるように

業者に依頼しないでホームページを自分で更新したい。

自分で更新できないホームページをお持ちのあなたは、「まずは、会社案内程度の簡単なホームページがあればいい」という目的で、現在のホームページを制作したのではありませんか?

時間が経てば、会社の目標や方針、取り扱う商品・サービスを変化するのは当然です。これに合わせるように、ホームページも変えていく必要があります。

「CMS」という自分でホームページを更新できるツールの導入が必要です。

CMS(シーエムエス)とは、ホームページ制作の専門知識がなくても、ホームページの更新ができるツールのことです。

CMSを使ってホームページを制作するメリット

・パソコンとネット環境さえあれば、いつでも自分で新しいページを追加できる。

・パソコンとネット環境さえあれば、いつでも自分でページの修正や削除ができる。

・当然ですが、業者に依頼する必要がないので、更新費用を削減することができる。

・更新作業に時間が掛かることがなくなる。(あなた次第)

・操作マニュアルを整備すれば、複数の社員で更新ができる。

・ホームページのデザインを気にしなければ、初期制作費用も削減することができる。

CMSを使ってホームページを制作するデメリット

・CMSを導入しない場合と比較すると、初期制作費用が高い。

・CMSというプログラムであるため、大幅な機能追加・仕様変更には費用と時間が掛かる。

CMSの種類

世界中に多くのCMSがありますが、当社では下記2種類のCMSでホームページを制作することをおすすめしています。

 

WordPress(ワードプレス)

・利用は無料。(当社で一番取扱いが多いCMSです。)

 

MovableType(ムーバブルタイプ)

・利用ライセンス90,000円(初回のみ)の購入が必要。

・大規模(ページ数や項目が多い)なホームページの構築時はこちらをおすすめします。

CMSの主な使い方

とにかく全ページを自分で更新したいという方もいますし、頻繁に更新したいページにだけCMS機能を導入する方もいます。

例えば、

・お知らせ、NEWS、スタッフブログのみにCMSを導入。

・納入事例、施工実績、物件情報、ギャラリー、お客様の声など頻繁に更新したいページにCMSを導入。

など。

CMSはご利用イメージに合わせてカスタマイズすることができますので、一度ご相談ください。

CMSは、バージョンアップが必須です。

CMSはプログラムですので、バージョンバップを定期的に行う必要があります。バージョンアップに掛かる費用は、ホームページを制作した際の構成によって様々です。

バージョンアップを行わない場合、セキュリティ面での危険性、更新作業を行う管理画面の動作が遅くなるなどの状況が発生します。