ホームページをリニューアルする前に

HP原稿の制作会社への渡し方

ホームページの原稿は、どのように作成すればよい?

ホームページの原稿はどんなファイルで作成すればよい?ホームページを作成するとき、専門のライターに原稿依頼をしない場合は、ご自身で原稿を準備することになります。文章(原稿)を作成してホームページ制作会社へわたすときは、以下のファイルをおすすめします。

  • メモ帳ソフトで作成したファイル(.txt)
  • ワードで作成したファイル(.doc)
  • エクセルで作成したファイル(.xls)
  • パワーポイント、keynoteといった資料作成ソフトで作成したファイル

簡単に言いますと、「デジタルデータ」になっていれば問題ありません。

逆にデータとして使えない場合、例えば、原稿を手書きで作成しそれをFAXで制作会社へ送った場合は、テキストをコピーしてホームページに活用することができません。商品カタログやパンフレットを渡す場合も同じです。FAXやカタログを見ながら、ホームページ用に打ち直す手間が発生します。(制作会社によっては有償となる場合がありますがそれだけの手間が発生しています)

また、打ち直す際には原稿の入力ミスも発生しやすいので、原稿を作成・送付するときは、必ずデジタルデータで渡してください。渡し方は、メールで送信してもよいですし、USBメモリなどに保存して手渡しても問題ありません。