HPの活用方法

うちのアクセス数は少ない?多い?

アクセスログ解析で押さえるべきポイント【基準値】について

「自社のホームページ、アクセス数は少ないの?多いの?」

アクセスログ解析を知って頂いたお客様から、この質問を多く頂きます。

そして、合わせて↓↓こんなお悩みをご相談頂きます。

「アクセスログ解析の確認方法は分かった。でも、どこが良くて、悪いか判断できない。」

おっしゃる通りです。「アクセス解析がこの画面で確認できますので、どうぞ見てください。」と言われても困りますよね。。。

良い点・悪い点を見つけるための「モノサシ」。それが基準値です。

例えば・・・直帰率。

「うちのホームページ、直帰率は75%か〜。そうなんだー。」

「・・・」

「・・・」

お分かりになりますでしょうか。。。

鋭い方は、ピン!ときていると思いますが、75%という数値を知ることができても、良いのか・悪いのかという判断ができませんよね。この判断のために使う ”モノサシ” を当社では【基準値】と呼んでいます。

この【基準値(モノサシ)】を使うと、ホームページの改善点を見つけ出すことが出来るのです。

自社のアクセス解析を基準値と比較しましょう!

当社が考える基準値をここでご紹介します。

基準値のサンプル資料(PDF)

アクセス数の基準値だけは、自分でしか決められない。

「肝心なアクセス数の基準値が抜けてるぞ!!」

>冒頭のよくある質問
>「うちのホームページ、アクセス数は少ないの?多い方なの?」

確かに、アクセス数に関する基準値がありませんね。

実は、このアクセス数の基準値は・・・ありません。

無いと言うか、あなたご自身で決めて頂く必要があるのです。

このアクセス数の基準値は、あなたが「問合わせや注文等が、何件欲しいのか(目標)」によって変わってくるのです。

例)目標:問合わせが、100件/月 欲しい場合

下記の式と基準値:コンバージョン率1%を使用して、必要アクセス数を計算してみます。

公式:【アクセス数】×【基準値:1%】=【目標数】

目標数は10件なので・・・

【アクセス数】×【基準値:1%】=100件 となりますね。

ということは、

【アクセス数10000件】×【基準値:1%】=10件

となり、あなたが目指すべきアクセス数は、10000件となります。これが、アクセス数の基準値です。

年を重ねる毎に、自社に最適な基準値が見つかる。

いかがでしょうか。難しいですね。

この基準値もあくまでも一般的なものです。当然ですが、この数値がマッチしない場合もあるかと思います。ホームページを数年運営すれば「昨年同時期との比較」「問い合わせが多かった時期との比較」などができるようになり、よりあなたのホームページに最適化した分析が可能です。ホームページを公開して間もない方や、ホームページを放置状態の方はぜひこの基準値を参考に、アクセス解析をチェックしてください。

慣れて頂くまで難しいかもしれませんが、当社では、Google Analyticsの操作サポートも致しますのでお気軽にお問い合わせください。